ゆみさーのカナダ日記★カナダ日記@カルガリー+つぶやき。

カナダ移民になって、カルガリー移住生活ももうすぐ5年。カルガリーに家(コンド)を買いましたが、難多し。マリッジコースはもうすぐ終わり。さて、これからどうなっていくのでしょう。

leaf スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

leaf 旅日記+++マリッジコース+++:2旅準備、初回。

2011-10-08-Sat-10:06
コースの初回は、まず牧師さん(パスター)から「このコースは
どんなものなのか、どんな内容をカバーするのか」という説明を
うけました。それから、1冊ずつテキストを渡されました。

「結婚や結婚相手に対する期待」の例として、あるカップルの話を
読みました。

夜寝る前、床に着いたところで妻が夫に家中の「電気を消してきた?」
と聞き、夫がいつも確認してまわる、というのが二人の日課のように
なっていた。だいたい電気をつけっぱにするのは妻。

ある日、夫が夜疲れ果てて転がるようにベッドにもぐりこむと、
いつものように妻が「電気はけしたの?」といって来た。夫は思わず
「今日は君が消してきたら?」と言ったら、妻が「だって電気は
あなたが消してくれるでしょう。いつも私の父はそうしてくれてた。」と。

その妻は、夫に対してある意味「父親の代わり」的な存在として見ていた
ということですよね。

それを期にこれまでは見えてこなかったお互いの気になる点、お互いが
勝手に相手に期待している点などが浮き彫りになってきたそうです。

他にもいくつか例が挙げられていました。

彼と交互に音読をしたのですが、読み進めながら
「そうそう、いっつもゆみさーはこうだよね」って思っているだろうなーと
思いました(^^;)。

父親の代わりとして見ているつもりはないけど、頼っている部分は確かに
あるよな~と、自らをかえりみました。

きれいごとだけじゃなくてお互いをさらけ出した上で、二人の道を
「お互いなんとなく勝手な理解で」じゃなくて、ちゃんと見つけていく

その覚悟ができたら、ここに署名をしなさい。

それぞれの生活で、また怠慢でコースを投げ出してしまいそうになったら
その署名を戒めにしなさい。

と、署名をするところがありました。

署名のしたには、承認として相手とパスターがサイン。

そして、早速宿題。

テキストにある質問に答えてくること。

質問内容は、自分の過去。自分の家族の過去。自分の過去の恋愛経験。

質問には個々で答えを考えて、時間が許せばそれぞれの答えをシェアして
話し合う。

互いの家族感や恋愛感を分かりあう、ということでしょうか。

しょっぱなからかなりのボリュームです。次回のセッションまで、2週間。


スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。