ゆみさーのカナダ日記★カナダ日記@カルガリー+つぶやき。

カナダ移民になって、カルガリー移住生活ももうすぐ5年。カルガリーに家(コンド)を買いましたが、難多し。マリッジコースはもうすぐ終わり。さて、これからどうなっていくのでしょう。

leaf スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

leaf 驚異の生命力

2010-12-01-Wed-13:59
日本に緊急帰国して2週間が経ちました。理由は私の祖母。

「帰ってくるときにはもう間に合わないかもしれない。」と言う
連絡を受けて、バタバタと会社と秋から始めた方の方々にも
お休みを頂いて、急いで飛行機に乗って帰ってきてから

もう2週間。

私が帰ってきてから1週間で「危ない状態」を脱し、
先週末には相部屋に移り、すでに「退院」の話まで出ています。

退院といっても、意識があるわけではなく、今回のことで
脳に障害が出たのか、目は開いていても見えている感じもなく、
こん睡状態です。

でも、今の祖母にできることは充分していただいたようです。

祖母は今92歳で、過去に入院したどの医者にも
「もう老衰だから」とか
「平均寿命以上生きてるから」とか言って
投げ出されていたのですが、

今回の入院で担当してくださった先生や看護師さんたちは
とても親身になって治療や世話をしてくださいました。

母、姉、そして父の思いも伝わったのか、
普通の人なら、きっともうとっくに力尽き果ててしまっている
であろう程の状態から、祖母は抜け出しました。

先生も驚いていらっしゃいました。

体の中で猛威を振るっていた菌やカビを撃退したのだそうです。
そして「奇跡的」と言われていた腎臓機能の回復をやってのけた
祖母の生命力は、本当に驚異的です。さすがおばあちゃんです。

食べられないので、IVHという高濃度栄養点滴(て言うのかな?)
を入れているのですが、どうしてもそこから菌が入ってしまう
そうで、またいつ悪化するか分からない状態なんだそうです。

一昨日くらいから、時々苦しそうな顔をして体を動かそうと
頑張っているのが分かります。声を出したりする力はなくても
「痛い」とか「つらい」という感覚が戻ってきている
ということですよね。

それを見ていると、
「それならむしろ何も感じなかったときのほうがよかったの
かしら・・・」と不謹慎にも思ってしまったりもします。

昨日は、「あれ?こっち見てる?」と思う瞬間がありました。
日に日に、回復してきているような気がします。

ずっと「100まで生きる」と思っていた祖母がベッドに
力なく横たわっている姿を見ながら

今回は奇跡的に助かったけれど、次に今回のような波が来たら
乗り越えることはできるのだろうか・・・

と考えたりします。

乗り越えることがいいことなのか、そうでないのかも、
私には分からないけれど

きっと祖母に与えられた運命のままになることだから
そこは私が危惧しても仕方がないのかな、と。

私には知りえないことだけど、
祖母が今生きているということには、きっと何か意味がある。
んじゃないかと思います。

彼女が今生きていて、そして私がここに居られる、

きっとそれにも何か理由があるはずだから
それがなにか分からないけれど・・・分からないけど、
できるだけ毎日おばあちゃんのところに行って
彼女の残された時間の少しでも共有できたらいいかな。

それから、半年以上に渡る看病に疲れながらも、毎日
祖母を想い頑張っている家族の、ほんの少しの力にでも
なりたいと思います。

・・・といいながら、24時間ずーっと家族のために!
というわけでもなく、ちょこちょこ出かけては滞在を
楽しんでもいます。

今朝もマツザカヤの宮崎展に朝からいってきました♪。
東国原さんには会えなかったけど(笑)

今回は「会おう!」コールを謹んでいる私ですが、先週
連絡したいけどしなかった人の1人に偶然会えました^-^。

もちろん、ゆっくり話をする時間はなかったけれど、
元気そうな顔を見れてよかったー。

連絡しないで、ごめんなさい!みなさん!
もし今の仕事が首になったら、きっとすぐまた日本に
来ますから、その時は是非会ってやってください~^o^☆。

そして、急に仕事を休んで迷惑をおかけしている皆様には
本当にごめんなさい!助けていただいて、感謝しています。
スポンサーサイト

COMMENT



管理人のみ閲覧できます

2010-12-05-Sun-01:34
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Hiromiさんへ

2010-12-24-Fri-18:07
Hiromiさん、心のこもったコメント、ありがとうございます。
同じような想いや道を経験されている方、もっと辛い思いをされた方が、いっぱいいらっしゃるんですね。私は今回ああして帰国できたこと、本当にラッキーだったと思います。

ところで、パンプキンキャビングとはなんでしょう。。。。ごめんなさい、想い出せなくて(汗)(汗)!!!!

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。