ゆみさーのカナダ日記★カナダ日記@カルガリー+つぶやき。

カナダ移民になって、カルガリー移住生活ももうすぐ5年。カルガリーに家(コンド)を買いましたが、難多し。マリッジコースはもうすぐ終わり。さて、これからどうなっていくのでしょう。

leaf スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

leaf 裁判員制度、ほんとに?

2008-08-03-Sun-14:48
平成21年5月21日から、導入だそうです。
今年が平成20年・・・来年の春から始まるんですね?!
みなさん、心の準備はできていますか?
選ばれるもしれませんよ・・・
(私も日本に帰ったら選ばれるかもしれませんよ・・・)

国民の法的な「義務」が増えるというのに、あまりに国民に
遠いところで決まってしまったような気がします。。。

裁判員になったら、地方裁判所で行われれる刑事裁判
(殺人罪とか、強盗致死傷罪とか)で
1)被告人が有罪か無罪か
2)有罪の場合どれ位の刑にするか(量刑)

を裁判官と一緒に決めるんですって。
責任重大ですねξ

「国民が司法に参加する」
確かに、そうすれば法律がより身近になる国民の数が増える
ことは期待できるでしょう。「国民の義務」と言われれば、
「そうか、そうあるべきかも。」と妙に納得してしまう
かもしれません。

でも、「自分で判断して人前で自分の意見を言う」という
教育を日本はしていないのに、裁判員制度を導入していいの?
と思ってしまうのは私だけでしょうか・・・羆

「上の(上司や先輩、先生など)の言うことに賛同する。
もしくはマジョリティに賛同する。自分の意見は言わない。」

というのが、日本人ですよね。

もちろん自分の意見をしっかり人前で表現できる人もいます。
多分10年前に比べれば増えてはいると思います。
でも言えない人の方がまだまだ多いと思うんです。

そういう日本人に裁判員をさせるのはどうかと。。。

そもそも、裁判員の必要性も内容もちゃんと国民の理解が
深まっていない状態で、国民の負担が増える制度が
成立してしまうところからして、「意見を主張しない国民性」
出ていると思うのです。

まずは日本の教育を「聞くだけの授業」から「能動的に
意見を言う。時にはシャアして、時にはぶつけ合うことを学ぶ
授業」を取り入れて行く必要があるんじゃないかなーと
思うゆみさーです。

政府は一体どうして裁判員制度を導入したかったのでしょう悩むはてな5!

法務省のサイトを見ると、
「国民が裁判に参加することによって、
国民の視点、感覚が裁判の内容に反映されることになる。
その結果、裁判が身近になり、国民の司法に対する理解と信頼が
深まることが期待されている。
そして、国民が自分を取り巻く社会について考えることにつながり、
より良い社会への第一歩となることが期待されている。」

とあります。
えらく楽観的に聞こえます悩む。。。

もちろん、いい効果もあるでしょう。
でもそれが上手くworkするように、教育制度を含め先に整える
べきことがあるのではないでしょうかはてな5!

「よりよい社会への第一歩」にはもっと先にやるべきことが
他に山ほどあるんじゃないかと・・・複雑


それに、実際裁判員に選ばれたら
仕事も休んで出廷しなくちゃいけないんですよね。

サラリーマンだったらまだいいと思うんです。
有給使えるだろうし、休んだからと言って立場が悪くなる
ようでは、企業イメージが悪くなるので、
多かれ少なかれ会社の協力は得られるでしょう。
特に大きな会社は。

でも、個人事業主や中小企業だと話が違いますよね。
自分が仕事を休む=ビジネスが成りたたない。
自分の代わりがいないわけですから・・・。
数日で終る事件ならいいとしても、もし長引いちゃったら
その人のビジネスは誰が補償してくれるのでしょう????
(こんなところでも政治は本当に弱者を守らないですよね。)

実際に始まってみないと本当のところは分からないのかも
しれません。来年の5月から、どうなるでしょうね。
We'll see...

今日はかたい話を個人的観点から力説してしまいました照れる
ココまで読んでくださった皆さま、ご精読ありがとうございます!
スポンサーサイト

COMMENT



2008-08-03-Sun-23:08
現時点での裁判員制度の導入には、私も賛同しかねます。
やりながら完成させていく、という性質のものではないでしょう、裁判は。
国民参加、国民目線と言うけれど、他に考えられる制度、やり方はあると思います。
第一、そのためにプロがいる訳でしょう。裁判官、検察官、弁護士。国民の視点とズレがあるから、なんて、職務怠慢!
あ、なんだか興奮してエスカレートしそうなので、この辺で(^ ^;)。

>さくらドノ

2008-08-04-Mon-05:51
力強いコメントありがとうございます!
「面倒だし」とか「決められたことなら従うしか無いでしょう」とかじゃなくて、こうして意見を交換できるって大切な気がします。
そう、本当に「他に考えられる制度ややり方」があると思うんですよね・・・なんか国民に責任を丸投げしているようで・・・。冤罪が増えなければ良いですがi-183。。。

2008-08-05-Tue-11:07
弟の受け売りなので、もしかしたら正確な情報ではないかもしれないけど、
国民が裁判員として参加するのは、今のところ「第一審のみ」のようです。
もちろん、一審も大事な裁判であり、一審で結審することもあるとは思うのですが、
素人の私からすると、だいたいの裁判では控訴→二審へ、、、となると思われるので
なんだかこの制度、意味あるのかなー、と思ってしまいます。

>madokaさん

2008-08-06-Wed-08:27
お堅い題目なのにコメント感謝です>v<!!!そうだよね、地方裁判所の裁判だけってことは第1審だけよね。ホント、madokaさんが言うとおり、どんな意味があるんだろー?って思っちゃいます。
弟さんはひょっとして弁護士さん?

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。