ゆみさーのカナダ日記★カナダ日記@カルガリー+つぶやき。

カナダ移民になって、カルガリー移住生活ももうすぐ5年。カルガリーに家(コンド)を買いましたが、難多し。マリッジコースはもうすぐ終わり。さて、これからどうなっていくのでしょう。

leaf スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

leaf アメリカドラマに日本人!

2010-02-25-Thu-15:40
真田広之さんが、テレビドラマLOSTの今シーズンに出ているんですね。

びっくりしました、こんなに有名なアメリカのドラマに日本の俳優さんが
でるなんて。

しかも、英語が上手です。



ラストサムライ時の真田さんの英語はこんな感じ↓



大人になってからでもこんな風に上達できるんですね。

最近、仕事で英語での問合せ電話を受けたり、こちらから電話したりする
頻度が高くなって、相手がイギリス人とかオーストラリア人だったりすると
時々なんていったかよく分からなかったりして、かなーり後ろ向きに
なってしまっていましたが、真田さんにちょっといい刺激をもらいました。

そうそう、アメリカテレビドラマの日本人と言えばHeroesの
Hiro Nakamura役のMasi Okaさんもいいですよね。お気に入りキャラです^-^。
Masi Okaさん、子供のころIQが180もあったり、マイクで
声でチュクチュクドゥーンドゥーンッてやるやつがすごいうまかったり
多才な方なんだそうですね。

LOSTといいHeroesといい、日本のマーケットにアピールするためか
最近のアメリカドラマや映画は”日本スパイス”をよく入れ込みますよね。
Desparate Housewivesにも日本人キャラ出てこないかな~~。
スポンサーサイト

leaf Vancouver2010!Investigate9/11

2010-02-22-Mon-20:00
先日、夜テレビでオリンピックニュースを観ていました。

いつも、ダウンタウンの人がいーっぱいいるところをバックに、
キャスターさんたちが「今日のまとめ」的なことをしているのですが
その日、彼がふとそのキャスターの後ろの方をを指差しました。
何?と思ってよく見ると、カメラに一生懸命アピールする人だかりの中に
「Investigate9/11」
という幕?ていうんですか?布に大きく字を書いたやつ。を、
二人のキャスターの間からちょうど見えるように掲げている人たちがいました。

「そうか、ああいう訴え方もありなんだな~」と思っていましたが
次にVTR映像から再びキャスターたちの映像に戻ると、いなくなっていました。

と、思いきや、その幕の前に大きなカナダの国旗を掲げている人たちが
登場していたのでした!

テレビ局側の工夫ですよね、きっと。
その後、しばらくはそのInvestigate9/11対カナダ国旗の攻防が見られました。
Inv・・組が横に動けばカナダ国旗も動く。もちろん、カナダ国旗組は
後ろは見えないので、きっとカメラの方からスタッフが
「もっと右!あ、行き過ぎ行き過ぎ!あ、今度は左!」という感じで
指示を出して動いていたにちがいありません(笑)
「こっち?もっとこっち?」という風にこっち(カメラの方)を
伺いながら動く感じが見て取れました。

しかし、カナダ国旗組がいくら動いても動いてもInv・・組は
それを避けて動き回り、なかなか諦めません。
そしたら、とうとう最後はInv・・・組はどうも締め出されたか何かで
いなくなってしまいました。

Investigate9/11.
9.11事件の真相究明を!とうたう幕を、アメリカはどう見ていたのでしょう。
あの悲劇には、いろいろな論争があるようですね。
無知な私は十分な情報がありませんが、つかまった犯人の出身国だったり
ビルの崩壊の仕方だったり、ペンタゴンを救うため自爆したUnited機について
だったり、疑問視されていることがいっぱいあるとか。。。
亡くなった方々やその御遺族、その他被害に遭われた方々のためにも、
本当のことが世に知られるといいと願うばかりです。





leaf Vancouver2010!つぶやき

2010-02-21-Sun-00:17
昨日、Mixiのニュース記事を読んでいました。

岡崎選手、競技現役続行の意思があるとのことですね!
確かに会社という組織の中での競技生活、家庭との両立、などなど
若いうちならきっと抱えなくてもいいいろいろなことと向き合いながら
身体的な部分もうまく調整していきながら、になるでしょうから
簡単ではないのかもしれない。でも、是非自分の納得できるところまで
がんばってほしいですね!応援したいです。

高橋選手にもぜひ続けてもらいたいですね☆。もっともっと、彼には
可能性がある気がする。(とまた素人目の勝手な希望ですが^_^;)

そして織田選手、靴紐ハプニング前までがよくて、その後暗転と
書いてありました。てっきり逆かと思っていたので、ちょっとびっくり。
会場は、彼が靴紐を結んでいるときから手拍子で応援ムードでいっぱい、
結びなおして出てきたときは拍手喝采でしたし、その後、前半より
織田選手の表情もよくなったのかと思っていましたー。
いや~、私、人のこと分からなさすぎかしら。。。
そんな状態だったなら、それであんなに失敗もなくすべることができた
織田選手、すごいです。
あと、ずっと使っていた紐を試合直前に変えたくなかった気持ち、
ちょっと分かるかも。結果本番で切れてしまったからその判断をせめて
しまうのかもしれないけど・・・この悔しさ、是非活かしてほしいですね。

腰パン事件の国母選手のお父さんの記事もありました。
子育てって本当難しいものなんだろうなー、と思いながら読みました。
どうでしょう、腰パン、やはり駄目でしたか?
もし彼が誠意と礼儀のある行動ができていたら、態度が違っていたら、
周りの反応も、ここまでにはならなかったんじゃないでしょうか。。。
お父さん、息子さんに引責引退を勧めているそうですね。
私は、むしろ今回を糧に続けてもらって、次回のオリンピックでは
心技ともに成長した、みんなが応援したくなる国母選手を観たいですね。

そして、カナダでは今4つめの金メダルに沸いています!
これまで開催地で金を取ったことがなかったので、4つはものすごい快挙。
まだホッケーとかカーリングとか、期待できるものがあるので楽しみですね。

ニュースでやっていましたが、フィギュアスケート男子の結果に
論争があるようですね。4回転を飛ばなかったライサチェクが金なのは
おかしいと。スケートのスピードも遅かったのに、と。カナダで有名な
元フィギュア選手、エルビスさんが批評している記事を読むと、
プルシェンコは他の誰もやらなかったa quad toe triple toeを成功させた
そうですね。4回転をプログラムにいれず、無難に行ったライザチェクが
金を取るのは、それを観ている子供たちに「そうか、4回転しないでも
簡単なジャンプとスピンをいれていけばメダルがとれるんだ。」と
誤ったメッセージを送ってしまう。と、エルビスは言っていました。

んー、調子や状況等にあわせてプログラムを調整するというのは
ひとつのストラレジーではあるとも思うのですが・・・。
シロウトゆみさーからすると、無難~にまとめるより、失敗しても果敢に
挑戦してくれる方が観甲斐もあるし「よくやった!」と応援したくなります。
今回の大会は、どうも審査基準が変更になって4回転を飛ばなくても
高得点が得られるようになったそう。
そして、エルビスさんは、それを批判しているのでした。
「選手を責めているんじゃない、審査を責めているんだ。この審査は、
フィギュアスケートを後戻りさせてしまっている」
もちろんジャンプだけがフィギュアスケートではないでしょうけれど、
んー、今後、この論争はどうなっていくのでしょう。

leaf Vancouver2010!フィギュアスケート男子

2010-02-19-Fri-18:40
いやー、高橋選手、よかったですね^o^/。
冒頭の4回転は成功しなかったけど、銅メダル獲得でしましたね!

シトウロな私はなんだか復帰後の高橋君に比べるとスピンのスピードが
遅いような気がしたり、お客さんの盛り上がりもいまいち少ないような
気がしましたが、滑り終わった高橋選手の顔、すごくよかった!

彼のステップ?脚さばき?というのでしょうか、が、好きです。

織田選手もがんばりましたね!途中、靴紐が切れてしまった後の
観客の応援、そして彼も吹っ切れたのか、ハプニング前は硬かった表情も
ハプニング後はいい顔で滑っていましたね。

小塚選手は残念ながら見ることができませんでした。彼はまだ若いので、
これからが楽しみ、なのかな?と^-^。

しかし、カナダではずっとプルシェンコとライサチェックとパトリックチャン
ばっかりで、日本の選手はまさに「Out of 眼中」(死語!?)でした。
もしもーし、ショートプログラム3位通過ですよー、高橋選手。
SP後のニュースでもネットの記事でも、高橋選手や織田選手については
まったくふれられることなく、銅メダルをとった後ですら、
ライサチェックが金を取ったことばっかりで、全然触れられませんでした。

まあ、カナダにとっては日本の銅はさほど興味をそそることでもなく
取り上げられないのも仕方がないことでしょう。。。。

それから、ちょっと残念だなと思ったのは、カナダのパトリックチャン選手が
期待より低い順位で終わったからといって、かなり冷たいコメントが
言われていたこと。日本と同じで、カナダでは金メダルをとったところで
国がその後の生活を保障してくれるわけでも、大金の報酬を与えるわけでも
ない。そのくせ、国全体からのプレッシャーはものすごくて、
それを抱えてオリンピックに出るということって、ものすごいことだと思う。

彼の努力を、もうちょっと称えてあげてもいいのになぁ。
彼にとって、このオリンピックがいい経験になって彼の糧になったらいいな。


そうそう、ジョニーウェアという選手、バラがいっぱいでしたね。。。
乙女な彼なんだなー。

さあ、来週は女子ですねー!

leaf 冬ロッキー2010

2010-02-18-Thu-02:08
先日、早めのバレンタインということで、久しぶりにバンフに行ってきました。
冬だし、山でゆっくり~が目的の今回は、宿が重要ポイント。
2年前にも泊まったことのあるホテルが去年改築したので、そこにしました。

Banff Hidden Ridgeというホテル。
屋外に、ロッキーを眺めながら入れるホットタブがあるんです。
(下の方に写真載せました!)

部屋の中にジャクジーがついている部屋などもありますが、
予算の関係で^_^;お部屋は一番低いランクで予約しました。

カルガリーを出て、ルート1でロッキーに行く道は、毎回ワクワクします。
Banff 2010 Feb 1
遠~~~くの方に小さく見えた山脈が、みるみる近づいてきて、
そのうちものすごい存在感を出し始めます。
Banff 2010 Feb 2
そしてもうちょっとすると「来た~~~」(山本高広さんじゃないですが(笑))
と思います。
Banff 2010 Feb 10
↑貨物列車が通っていました。

カルガリー内のドライブは爆睡だった私も、ルート1でのドライブは
目パッチリで、あっという間の楽しい1時間半くらい?でした。

宿に着くと、とても感じのいいフロントの方が、部屋のアップグレードを
セールスしてきました。でも、+80ドルのところを+30ドルで、
半地下の部屋からロフト付の地上の部屋にしてもらえるということだったので、
そちらにしました。

このホテル、改装してまた一段といい感じになりました。

バンクーバーオリンピック特需で、観光客も増えているのかな。

夕方ばバンフのダウンタウンをうろうろしました。
彼が突然化石にすごい興味を持ってしまい、いろいろお店を回りました。
ワーホリて来ている、という日本人の店員さんを捕まえて、
ものすごい時間はなしていました。店員さん、ごめんなさい。そして
長い時間おつきあいありがとうございました☆^-^/。

部屋に戻ってバルコニーに出ると、鹿が3頭。
餌を目当てにうろうろしている感じでした。
Banff 2010 Feb 3
目が合っても逃げようとせず、むしろ何かもらえるかと期待してか
近づいて来て「じーーー」っと見つめられました。

何もあげないよ、ごめんね。

そして私たちは食事にすることに。
暖炉を炊いて、ホテルからいただいたワインをあけて
ディナータイム♪♪♪
Banff 2010 Feb 4

ご飯の後、ホットタブに行きましたが、以外にも沢山人がいたので
断念、部屋で大人しくバブルバスにしました。

ねらいは翌朝!
ということで、朝は7時すぎには起き、紅茶を飲んで目を覚ましてから
まずキャンモアまでひとっ走り。
いや~、わざわざバンフからキャンモアまでクロワッサンを買いに来る
お客さんって、そんなにいないですよね、きっと。
でも、早起きは3文の徳でした♪。
スリーシスターズの左上には月が見えて、右上からは太陽が出てきていて
とてもきれいでした。
Banff 2010 Feb 5

朝ごはんはコーヒーとクロワッサン。もうおなじみパターン。

そしてその後、いざ、ホットタブへ。
Banff 2010 Feb 6
眺め最高でした。
Banff 2010 Feb 7
予想通りお客さんも誰もいなくて、この空間、この景色を二人占め。
贅沢な時間。

途中でおじさんが一人入ってきたけど、おかげでジェットバスのスイッチを
入れてくれたし、その人は先に出て行ってしまったので
その後また二人占め、しかもジェットバス。

飛び跳ねて髪に付く水しぶきはもちろん凍ります。
ホットタブから出た後、窓から見たら髪の毛の前のトコが、
いつぞやの関口宏さんみたいに部分的に白くなっていました。

このホテルには2泊してホテル内でゆっくりしたいなー。

と、今度はあれがしたい、これもしたい、と二人で言いながら
帰途に着きました。

Banff 2010 Feb 9
道中お見送りしてくれた動物。Mountain Goatカナ?毛が生えかけの
羊みたいで可愛かった。

leaf Vancouver 2010!

2010-02-16-Tue-03:38
皆さま、大変大変ご無沙汰しておりました。
里帰りを終えて、時差ボケもようやく治り、無事日常生活に復帰しました。

里帰りの話を・・・と思っているうちにオリンピック始まってしまいましたね!

あー、今バンクーバーに住んでいたらな~~~
と思いつつ、飛行機で1時間半弱のカルガリーからテレビ観戦しております。

昨日はフィギュアスケートのペアショートプログラムを夫婦で観ました。
川口選手、すごいですね!しなやかな動きの中に、ものすごい気迫を感じました。
フリーも楽しみですね。

フィギュアスケートはシングルも男子女子共に楽しみです。

そういえば、安藤美姫選手が昨日カナダ入りしたそうですね。
直前のカナダ入り、時差ボケとか現地慣れとか、大丈夫なのかしら?!
と、くだらない心配してしまいましたが、本番まで1週間あるし、
アメリカからだから大丈夫なのかしら。
あ、若いからそういうのもすぐ調整できるのかな^-^。
34歳の運動全くしていない私と一緒にしちゃいけませんね;p。

選手カナダ入り、と言えば、私がこっちに帰ってくるときの便にも
オリンピック選手が乗っていました。カーリングかな?
でも、気軽に話しかけれそうな空気でもない感じがしたので素通り。
「がんばってください!」ぐらい言いたかった!のですが、何しろ
どの人が選手でどの人がスタッフなのか分からず^_^;。。。。

今、カナダでは、昨夜のモーグル男子でカナダが初の金メダル獲得!!!で
かなーーーり盛り上がっているようです。
モントリオールでもカルガリーでも、カナダは金メダルゼロだったそうで、
今回が開催国として初の金メダルらしいく、すごく誇らしげに報道されていました。

「よかったねー、カナダ^-^」と思いながらニュースを見ていましたが、
何と、銀メダルをとったオーストラリアの選手が審査に不服を申し立てているとか。
タイムもオーストラリアの選手の方が早かったそうです。

メダリストも、その家族も、そして周りも、カナダ中が祝福ムードで
「カナダ開催で初の金メダル!」特集番組まで組まれているようなのに
審査し直しで、金を失う事態にもなりかねないですね。

正しい判断をされるのが一番なので、どちらに金メダルをあげるべきなのかは
私には分かりませんが・・・。

あんなにうれしそうな家族やカナダを見ていると、これでやっぱり銀でした、
となったらちょっと可愛そうな感じがしてしまいます。

さー、5時に始まるフィギュアペアフリーに向けて、早めに掃除洗濯を
してしまわなくっちゃ~。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。