ゆみさーのカナダ日記★カナダ日記@カルガリー+つぶやき。

カナダ移民になって、カルガリー移住生活ももうすぐ5年。カルガリーに家(コンド)を買いましたが、難多し。マリッジコースはもうすぐ終わり。さて、これからどうなっていくのでしょう。

leaf スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

leaf 旅日記+++マリッジコース+++:5 ギフト

2012-06-02-Sat-23:53
人間はみんな、神さまから与えられているギフトがあるんだそうです。
その与えられたギフトを活かして、相手を支える、のが妻の役目。
と、テキストに書いてありました。

「夫をサポートする、支える」のが妻の役割。

そう、それは解ってる。でもうまく出来ていないのが現状。

それに、「与えられたギフトを活かして」・・・と言われても、
自分のギフトがわからないし、わからなきゃ活かすこともできない。

そんな中、「夫婦間の自分の役割とは何か」そして
「具体的にどうやってその役割を果たすのか」を
まとめるという宿題がでた。

う"ーー。困った。でも、それがちゃんと明確にできなかったら
夫婦としていろんなことを乗り越えて幸せな家族を築けないよな
きっと。。。。と思い、

かといってじゃあ自分がどんなギフトを活用してどう支えることが
できるのか・・・・

-_--_--_-

と悶々としていました。

糸口を求めて、ここ1ヶ月ちょっとGiftについて学びました。

Prophet,
Teacher,
Giver,
Organiser,
Server
Exhorter,
Mercy

とに分かれるのだそうです。
それぞれのギフトの特徴、強み、欠点などを教えてもらいました。

「あなたはこれ!」と明らかに判る場合もあれば、よくよく
観察していかないと見えてこない場合もあるそうです。

私は、後者ですが、ひょっとするとProphetかな、と勉強した
感じでは思います。しばらく自分観察してみようと思います。

相方は、Mercyじゃないかな?と思う点が多いですが、Exhorter
的な部分やServer的な部分もGiver的な部分もあるので、相手の
こともしばらく観察してみたいと思います。

MercyとProphetは相性が良いらしいですが(笑)

判っておわりじゃないですからね、その後、それを活かしてどう
相手をサポートして行くか、が一番大事。
近いうちに、見えてきますように!
スポンサーサイト

leaf なかなか、です。

2012-02-17-Fri-21:13
昨年の春、コンドを購入しました。
ようやく二人立ち!と思ってこのカテゴリを作りましたが
結局問題がいろいろありすぎてなかなかかけずにいました。

でも、問題があることも記録に残しておこうかな、と思うので
これからちょこちょこ去年の流れなどアップしようと思います。

現状としては、今BBBへ苦情を出したのと、弁護士さんに
ビルダーとのやり取りをお願いすることにしたこと、です。

もっと早い段階から弁護士にお願いするべきたっだのかなーとも
思いますが・・・まあ今更過去のことを言っても仕方ありません。
いい弁護士さんに出会えたことはとてもラッキーでした!

これからコトが上手く進みますように。。。。

leaf 旅日記+++マリッジコース+++:4.1なぜ結婚するのか

2011-10-13-Thu-07:44
今の職場の同僚に、独身男性で「結婚はしない。彼女も要らない。」
がモットー?のJさんという人がいます。

今日、Jさんと「結婚」の話になったので私たちがマリッジコースを
取っているという話をしたところ、
You have to be careful with what you say
と言われました。

「はて?」と思っていると、

「マリッジコース」というと、人は結婚生活に問題を抱えている際の
カウンセリングだと取られるから、人々によからぬうわさを立てられる
かもしらないよ。ということでした。。

そうか~、まあ、実際には問題があるわけじゃないから(と勝手に思ってる)
べつにいいかな、とも思うけど、センシティブな話題になってくるし
聞いた人がどう反応したらいいものかきっと困惑するだろうから、
これから気をつけなくちゃ。

ただしくは、Marriage Preparation Courseだから、ちゃんと
Prepをつけると良いよ、と言われました。

なるほど~。

確かに、先週他の友達たちの前で「マリッジコース取ってるからその日は
都合悪い」って言った瞬間、周辺空気が一瞬止まったような感じがした。

それもきっとカウンセリングと思ったんだろうな。まあ、カウンセリング
のようなものでもあるか。

カウンセリング=ネガティブというのは偏見だと私は思ってるし^^。
とはいえ、周りに変な気を使わせないようにはしなきゃな、と反省。

-----------------------------------------------

さて、コースの話をちょっと。

3回目を終えて、今回の宿題は「なぜ結婚するのか?」というテーマ。

先週末、宿題をするためにカナナスキスまで行きました。
二人でテキストを読み進めながら、ときどき出てくる質問には
それぞれの答えを自分のテキストに書き込む。

・・・のですが、今回のはキリスト教の教えがバックグラウンドにないと
今一答えが分からないものが多い!

でも、それを知ることが私がこのコースを受けたかった理由の一つだから
しっかり勉強しなくちゃ。

今週末、キャンモアに二人で合宿に行きます~。

(勉強が目的なのか、ただロッキーに行きたいだけなのか(笑)。。。)

leaf 旅日記+++マリッジコース+++:3_Expectations

2011-10-08-Sat-23:07
初回が終わって、2回目に出た宿題のテーマはExpectations。

結婚、結婚相手、将来に対する期待。自分の期待が通らない時の
対処方法について話しました。

Marriage Relationship
結婚前後で、自分の友人たちとのかかわりの変化、異性の友人との
付き合いなど。

Finance
経済観念。家庭内で財政的に支えるのはどっちか、お金の管理が
だれがどうしていくか、大きな買い物はどう決断するか、諸所の
献金・寄付はどうやってきめるか、借金やカード支払いについて
の考え方など。

Home
住む家の規模、場所、生活環境、生活レベル

Social Entertainment/Home Environment
食事、外食、ペット、友人招待、テレビ鑑賞、映画鑑賞、趣味、飲酒

Household Responsibilities
家事分担について

Children and Parenting
子供はほしいか、何人か、子供が出来なかった時はどうするか、中絶を
どう思うか、避妊をどう思うか、育児は誰がするか、しつけ・叱り方
はどうあるべきと思うか、まだ誰がするか。

Spiritual
これはキリスト教的なセクション。聖書の学びやお祈りはどれくらい
頻繁にするか。どの教会に行くか。夫婦として、どう周りに奉仕するか。
夫婦にとって、心のリーダーは誰か、それはどういう意味か。

Holidays/Vacations/Sprcial Occasions
クリスマス、サンクスギビング、イースターはどこでどう過ごすか。
どうやってそれを決めるか。休暇はどう過ごすか。結婚記念や誕生日は
どうお祝いしたいか。祝い事に費やすお金はどれくらいと思っているか。
自分たち・友人・家族・子供へはいくらくらいか。
週末はどう過ごすか。

Parents and Other Relatives
それぞれの親との関係。
どれだけ頻繁に会うか、育児にどれだけ関わって欲しいか、どうやって
それを実現するか。

Sex
新婚期間中の性行為の期待について。どれくらい頻繁にしたいか。
相手に拒まれることに対してどう思うか。


と、ざっとこういうような質問が全部で51問でした。

中には北米の文化や習慣に基づいて書かれているな~という質問も
ありました。スポーツイベントのテレビ鑑賞について、とか。
まあ、もちろん日本でもスポーツ観戦狂な人もいるかもしれませんが
こちらのアメフト・サッカー・ホッケー等に対する熱は・・・
すごいですもんね(笑)。

また、私たちの場合近くにいる「両親」は夫の方だけだし、日本に
行けば私のほうだけなので、そういう点では「どっちの親の家で・・・」
という紛争(?)は存在し得ないのは喜ぶべきか悲しむべきか。。。
私的にはもちろん自分の両親・姉と一緒に過ごしたいときもありますが、
海を越えて来てしまった以上、仕方ありません。

「子供ができなかった場合はどうしたいか」など、これまで話した
こともないようなトピックを話し合うことが出来てよかったです。

ただ、それに対して彼がどう思っているのか、もうちょっと知らないと
いけないかな。。。

leaf 旅日記+++マリッジコース+++:2旅準備、初回。

2011-10-08-Sat-10:06
コースの初回は、まず牧師さん(パスター)から「このコースは
どんなものなのか、どんな内容をカバーするのか」という説明を
うけました。それから、1冊ずつテキストを渡されました。

「結婚や結婚相手に対する期待」の例として、あるカップルの話を
読みました。

夜寝る前、床に着いたところで妻が夫に家中の「電気を消してきた?」
と聞き、夫がいつも確認してまわる、というのが二人の日課のように
なっていた。だいたい電気をつけっぱにするのは妻。

ある日、夫が夜疲れ果てて転がるようにベッドにもぐりこむと、
いつものように妻が「電気はけしたの?」といって来た。夫は思わず
「今日は君が消してきたら?」と言ったら、妻が「だって電気は
あなたが消してくれるでしょう。いつも私の父はそうしてくれてた。」と。

その妻は、夫に対してある意味「父親の代わり」的な存在として見ていた
ということですよね。

それを期にこれまでは見えてこなかったお互いの気になる点、お互いが
勝手に相手に期待している点などが浮き彫りになってきたそうです。

他にもいくつか例が挙げられていました。

彼と交互に音読をしたのですが、読み進めながら
「そうそう、いっつもゆみさーはこうだよね」って思っているだろうなーと
思いました(^^;)。

父親の代わりとして見ているつもりはないけど、頼っている部分は確かに
あるよな~と、自らをかえりみました。

きれいごとだけじゃなくてお互いをさらけ出した上で、二人の道を
「お互いなんとなく勝手な理解で」じゃなくて、ちゃんと見つけていく

その覚悟ができたら、ここに署名をしなさい。

それぞれの生活で、また怠慢でコースを投げ出してしまいそうになったら
その署名を戒めにしなさい。

と、署名をするところがありました。

署名のしたには、承認として相手とパスターがサイン。

そして、早速宿題。

テキストにある質問に答えてくること。

質問内容は、自分の過去。自分の家族の過去。自分の過去の恋愛経験。

質問には個々で答えを考えて、時間が許せばそれぞれの答えをシェアして
話し合う。

互いの家族感や恋愛感を分かりあう、ということでしょうか。

しょっぱなからかなりのボリュームです。次回のセッションまで、2週間。


HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。