ゆみさーのカナダ日記★カナダ日記@カルガリー+つぶやき。

カナダ移民になって、カルガリー移住生活ももうすぐ5年。カルガリーに家(コンド)を買いましたが、難多し。マリッジコースはもうすぐ終わり。さて、これからどうなっていくのでしょう。

leaf スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

leaf The Family Man

2012-01-23-Mon-12:50
いい映画でした!ものすごくお勧めです☆。



スポンサーサイト

leaf 映画2本。The WayとThe Help。

2012-01-19-Thu-09:24
週末、2本映画を観ました。
The WayというのとThe Helpというの。

前者は、死んだ息子が途中だった旅を自分が代わりに完走する話。
道中で知り合う仲間。さまざまな人生の葛藤や苦しみ、そしてそれを
乗り越えようと必死な姿、喜び、悲しみなどなどを垣間見る感じがして
とてもよかったです。

後者は、人種差別、人権侵害を改めて省みさせられる1本。
最後はちょっと気持ちが良いです。登場するキャラにも愛着が沸いて
これもかなりよかった。





The Wayの映画に出てくるフレーズで、
すごく印象に残っているのが
”You don't choose a life dad, you live one.”
という言葉。
自分の人生ってなんだろう・・と考えさせられました。
まだ見えないけど、自分に与えられた人生の目的があるはず!?でも
分からないまま一生を終えてしまったら・・・など、色々
考えめぐらしてみたりするゆみさーでした。

leaf アメリカ紙幣のメッセージ

2011-12-26-Mon-12:11
クリスマスイブ、34丁目の奇跡をテレビで観ました。

(以降ネタバレ情報含んでいます。
知りたくない方はこれ以降は読まないでください^v-))

---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---

サンタクロースの存在を法廷で認めることを悩んでいた裁判官は
主人公の女の子から1ドル紙幣が一枚入った封筒をクリスマスカードと

一緒に受け取ります。

その1ドル紙幣のある箇所に大きくまるで囲ってあるところがあり、
そこには

In God We Trust

と記してありました。

それを見た裁判官は、あらかじめ用意していた判定を破り捨て
存在が証明しきれない神さまのことを「信じる」と紙幣に謳うことを
アメリカ政府が許すのであれば、ニューヨーク州政府がサンタの存在を
認めることだってできるはずだー!と裁判官が言い放ちます。

その瞬間、傍聴席の皆が沸き、そして結果を裁判所の外に窓越しに
伝えると、周りの道は人でいーっぱいで、皆がいっせいに歓喜の声を
あげる。

ステキです。泣きました。

そして、その瞬間思い出しました。
「アメリカはかつては従順なキリスト教を信じる国だった。その頃の
アメリカはとても繁栄していた。」と聞いたことがあるのを。

---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---

日本では、クリスマスって一応年中行事のひとつになっていて
デコレーションや雰囲気を楽しんで、サンタさんも浸透してて
なぜかイブだけ特別扱いでなぜか「カップルの特別な夜」的な
存在で、なぜかイチゴのショートケーキを食べますよね。
(ケーキはおいしいし嬉しい習慣だけど(爆)!)
そして25日にはすでにクリスマスは終わって年越しムードに移る。

昨日TVJapanでやっていたきよしとこの夜では、出演者が
感慨深げに聖しこの夜を合唱していました。

彼らの中の何人がその歌詞の意味をちゃんと分かって心から歌って
いるんだろうー?と思わず疑問視してしまいました-_-;
(あ、でも実は本当に分かっていて、気持ちを込めて歌ってたのかも
しれない。。。もしそうだったら疑ってしまってごめんなさいっ!)

日本にいた時から、日本のクリスマスに対してはすでに違和感を
感じてはいたけど、きっと今クリスマスを日本で過ごしたら
「何か違う」感はもっと強く感じるんじゃないかな~ぁ。

こっちにきて、クリスマスの本当の意味をちょっとでも知ることが
出来たのはよかったなーと思う。

でも!世界のいいところをどんどん取り入れて自国なりの文化に
発展させていく、というのは日本のいいところだと思います^^☆。

leaf 映画二本立て

2010-12-27-Mon-17:07
今日、テレビで映画を観ました。
初めはSound of Music。
高校の時、音楽の先生が見せてくれた・・・あれ?
音楽じゃなかった、あれは英語の先生だったかな?それが最初。
母も好きな映画で、一緒に観ては歌ったり泣いたりしたなー、と
思い出しながら。

そしてながーいCM中(ありえないほど長いんですよ、CMが-_-;。)に
チャンネルをパチパチ変えていたら、ちょうどSex and the Cityの
1作目が始まっていたのを発見。

そこで、しばらくはあっち見こっち見していました。

Sound of Musicはすごく久しぶりに見ましたが、改めてマリアや
教会の女性の歌声の美しさや俳優さんたちの瞳の色の美しさに
ひたりました。

そして、Sex and the Cityも、映画館で見たときとはまた違った
視点で見ることが出来ました。やっぱり私のお気に入りはサマンサ。
最期のシーンで50歳の誕生日を迎えた彼女の後姿が映るのですが
年をとってもあんなふうにいつまでも美しくありたい、と
思います。

彼女のようなextremeなアンチエイジングはできませんけどね(笑)。

今週は職場の同僚から借りたDear Johnという映画をみる予定♪。
まだ見たこと無いのですが、The Notebookと同じ監督?と聞いたので
楽しみです。

皆さんはさいきんいい映画見ましたか?

leaf SATC2

2010-06-13-Sun-08:54
ようやく初夏らしいお天気のカルガリーです!

今日はSATC2のサントラ""Empire State of Mind"を聴きながら。

Sex and the City 2、観ましたか?

ワタクシ、「一緒に見に行く人がいないよう大泣き!!!」と嘆いていましたが
哀れに思った(?)会社で知り合った日本人女子4人組が誘ってくれたので
仲間入りして観に行ってきましたハート
 
SATC2を鑑賞後、レストランに移動して、コズモで乾杯カクテル
その仲良し4人組
楽しかった~。女子飲みは久しぶりだったので、調子に乗って
3杯も飲んでしまいました。(翌日、酷い二日酔いだったことは言うまでもありません。。。)

皆さんはもうご覧になりましたか?

ネットで少し見ましたが、日本のプレミアもすごかったんですね。
スマスマやロンドンハーツにも出ていたんですね!

内容は、私個人的な感想としては、前作と同じく
「テレビシリーズだったら1シリーズ分だよな~」と思う感じ。
盛り沢山の内容をいっぱい詰め込んであるから、それぞれのストーリー
がもうちょっと深く広く描かれていたらもっといいのになーと。

あと、(注意これより先はネタばれ注意!

あと、Mr.Bigがいい人になりすぎ!と思いました。
思いませんでしたかー?
なーんか、落ち着いちゃった感じで。それに最後も・・・
いい人過ぎです。Settle downしたんだから、いいことなんでしょうが
「Mr.Bigやだ!」と思わせる要素が無くなってしまって、私としては
むしろちょっと寂しい感じがしてしまいました。
(Aidenファンだからかもしれません(笑))

お気に入りシーンはミランダとシャーロットの"Take a sip!"のシーン。
まだ(一応、「まだ」と言うことにしておこう。。。)母になったことが
ない私にはまだ想像することしかできないけど、このシーンは笑いながら
涙が出てしまいました。

あと、今作も彼女たち4人の服やジュエリー、鞄に靴ナドを観ているだけ
でも十~分見ごたえがありましたね。選りすぐりのブランドのしかも
ビンテージだけだとか言っていたような。総額で10ミリオンドル・・・。
すごいですね。

それに、えー?!それは?!?!てのを堂々と着こなしてしている彼女たちは
格好いいなーと思いながら観ていると、映画の内容はあんまりbig dealでも
なくなってしまう感じ。

しかし、サマンサの着ていた肩にトゲトゲのあるやつは強烈でしたね。

サマンサといえば、彼女の激しいシーンが2回ありましたが、日本でも
上映されているのでしょうか。。。。?????

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。